『デジタルサイネージ元年』、今年こそ ホンモノか?